うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】

サイトメニュー

症状について

カウンセリング

鬱病性障害

鬱病性障害は、抑うつ的な気分が主な症状として現れる種類のうつ病です。この鬱病性障害というものには、いわゆる典型的な鬱病人以外にも軽い抑うつ気分が長期間続いたり、女性であれば生理前飲みに抑うつ気分が現れるという月経前深い気分障害といったようなものがあります。このほかにも双極性障害といったようなものがあります。 この双極性障害というものは抑鬱気分とその反対に極端に気分が高揚したいわゆる「躁状態」の両極端の症状を発症するタイプのうつ病のことをいいます。このタイプのうつ病は典型的なうつ病の症状とは矛盾してしまいような2症状を発症する特殊なタイプのうつ病も存在します。例えば、典型的なうつ病の症状では何があっても気分が晴れる事は無いのですが、喜ばしい事があると気分が良くなるタイプもあります。これは典型的でないという意味で非定型うつ病とも呼ばれています。また、女性の場合出産後などに発症する発症時期に特徴のあるうつ病も存在します。このようなうつ病の診断基準や分類方法は現時点でも大きく変わってきているのです。 この日本でも使われているアメリカの精神障害の診断や治療ガイドラインである「DSM-Ⅳ」というものが最近DSM-5というものに大幅に改訂されたのです。最後のDSM-5では、気分障害というカテゴリーはなくなり、「双極性障害」と「うつ病性障害(抑うつ障害群)」といったものは全くの別の病気として区別して分類されているのですこの日本でもこれから授業の分類方法を変化していく可能性があります。また、これらの症状と診断されても、医療保険に加入することが可能です。精神的な症状を抱えていると診断されている場合、生命保険に加入することが難しいケースが多いですが、医療保険であれば、加入できる保険が多くあります。
"

Copyright© 2019 うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】 All Rights Reserved.