うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】

サイトメニュー

女性特有の疾患

看護師

月経前不快気分障害

女性特有の精神的な症状といえば、月経前不快気分障害です。この月経や深い気分障害という鬱病の種類は女性が生理の前にイライラしたり抑うつ状態になってしまったり。その他にも、体の変化として宇都宮、腹痛などが発症するなど様々な体の不調をを同時に感じる女性も少なくないのです。このような生理に伴う不快な気分は症状が毎回の証し、そのことが、社会生活に大きな支障をきたしてしまうほどは症状の場合に月経前不快気分障害(PMDD)という病気として診断をされるのです。 このような症状が現れる原因としては、女性特有の女性ホルモンの分泌が影響されているのです。女性ホルモンというものは、生理の周期ごとにその分泌のバランスが変化します。 このような女性ホルモンの分泌の変動が身体にとって大きなストレスとなってしまい、エストロゲンという女性ホルモンの1つは、脳内の神経伝達物質に悪影響を与えてしまうことがこのような月経前不快気分障害の症状を発症してしまう要因として考えられています。この月経前深い気分障害の奥の症状の場合にも抗うつ剤の薬を使うと改善することが多いのです。うつ病とは関係ないと思われがちですが、密接な関係があるのです。このPMDDの症状が悪化することで、うつ病を引き起こすことがあります。PMDDの症状は健康保険対象外の治療になることが多いですが、うつ病の治療の場合は、健康保険対象の治療になります。医師と相談しながら、治療を進めていきましょう。

保険加入について

最近では、様々な保険商品が存在します。保険は、万が一に備えて加入しておいた方が安心です。しかし、うつ病などの持病を抱えている場合、加入できないのではと考えるひとが少なくありません。持病を抱えていることで、加入できる保険商品は限られてきますが、加入できないわけではありません。

Copyright© 2019 うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】 All Rights Reserved.