うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】

サイトメニュー

薬について

医者と看護師

薬物療法と精神療法

ここでは抗うつ剤の種類について紹介します。 一つはSSRIという選択的セロトニン再取り込み阻害薬というものですが、これはセロトニントランスポーターという脳内のセロトニンの量調節する器官に対して作用することによって、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調節できるように働きますこの抗うつ剤は抑うつ状態の人だけではなく、不安の強いような人にも処方されます。 そしてこの薬は副作用は比較的少ないと言われているのですが飲み始めには吐き気やむかつきおよび離陸便秘などの消化器系に関する副作用が現れることがあります。このような副作用の多くは1週間から2週間程度でなくなるのですが、この副作用が辛く気になるような人は医師に相談するようにしましょう。 次にSNRIと言うセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬ですが、これは西暦2000年3厚生労働省から認可を受けた抗うつ剤なのですが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの両方の調整を行うためにこのセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するはがある薬です。 次にNaSSAという抗鬱剤ですが、これは前述のSSRIともSNRIとも違う作用がある薬で同様の効果がある薬です。次に三環系抗うつ薬という薬ですが、これはうつ病の症状を緩和する効果のある薬なのですが、その一方でセロトニン以外のアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制してしまうため、抗コリン作用という便秘や排尿困難及び口が渇くといったような副作用が現れることがあるのです。そして最後に四環系抗うつ薬という薬もあるのですが、これは三環系抗うつ薬の副作用である抗コリン作用を減少させることを目的として開発された抗うつ剤です。このような5種類の抗うつ剤を存在しており、これらをうつ病の患者の症状に合わせて医師が処方してうつ病の治療進めていきます。 これらの抗うつ剤の作用としては主にうつ病の患者さんのうつ病の症状の原因となっている脳の中で働いている神経情報伝達物質のバランスの乱れを改善するは持っているのです。このような高知材を使うことによって、神経の情報伝達物質のバランスが改善することによって授業の患者さんの心と体に意欲や活力などがスムーズに伝達されるようになるのです。このような薬を処方されると、保険に加入することが難しいと考える人もいますが、絶対に加入できないというわけではありません。保険商品によって加入条件が異なり、加入条件が緩い保険商品の場合は、服薬中でも加入することが出来るでしょう。加入の際の健康状態に関する告知は、嘘をつくことなく申告するようにすべきです。

Copyright© 2019 うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】 All Rights Reserved.