うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】

サイトメニュー

様々な治療法

院内

うつ病というのは脳の病気なので治療せずに放置するとうつ病の症状が悪化して治療しにくくなってしまったり、その後のは社会生活に大きな悪影響を与えてしまったりすることがありますので出来るだけ早く治療開始することが大切なことになります。このうつ病の治療は4本柱としては、前述にも紹介しましたような休養や生活環境の調整、薬物療法そして精神療法の4つがあります。 そして休養と環境調整ですが、これは十分な休養を取ることによって、心と体を休ませるといううつ病の治療の第一歩になるのです。例えば職場や学校、および家庭などで受けてしまう嘘ですお軽減できるように、その生活環境の調整をするのです。例えば職場での配置転換や残業時間の短縮、家庭の場合には、家事の分担を手伝ってもらったりするようにします。うつ病になってしまう人は、性格的な傾向としては、腹、生真面目で責任感があり、自分に厳しい人は多いため、休養を取ったり生活環境の調整をお願いしたりすることなどは、周囲の人に迷惑をかけてしまうのではないかと、考える人が多いのですが、そのようなことは考えずに、あせらず休養をとって自分のできることを無理なく出来る環境を作ることがうつ病の症状の改善への早道になるのです。このようなことはクリニックの主治医に相談の上、職場の上司や家族の方にお願いしてみることが大切でしょう。また、うつ病の症状としてはなかなかにつくことができない、朝早く目が覚めてしまうといったような睡眠障害や食欲も支援などを訴える人が多いようです。そのようなうつ病の治療のための薬には前述のような種類の抗うつ剤があるのですがこれらの抗うつ剤は人によってその効果の違いはあるのです。しかしこのような抗うつ剤というものは服用したからといってすぐに効果が表れるものではないかというあせらず継続的に服用することが大切になります。また、勝手に抗うつ剤の量を増やしたり減らしたり、または中止したりしてしまうと、副作用を発症する可能性があります。 そのようなうつ病の治療のための薬には前述のような種類の抗うつ剤があるのですがこれらの抗うつ剤は人によってその効果の違いはあるのです。しかしこのような抗うつ剤というものは服用したからといってすぐに効果が表れるものではないかというあせらず継続的に服用することが大切になります。また、勝手に抗うつ剤の量を増やしたり減らしたり、または中止したりしてしまうと、副作用を発症する可能性があります。 "この精神療法には一般的に認知行動療法と対人関係療法などがあります。前述にも書きましたようにうつ病になりやすいと言われている性格は生真面目で責任感のある性格というものは本来常識的で社会性があるため、好ましいものではあるのですが、逆に言えば仕事行くで抜くことができず、パーフェクトを求めてしまったり過度に自分を責めてしまったりする傾向があるため、ストレスを感じやすいということができます。これらの精神療法というものは、前述のような抗鬱剤を使った薬物療法と併用することによって、その効果を発揮しますので精神療法を実施するにあたっては、それぞれのうつ病の患者さんに応じて実施する時期や内容が違ってきますので、主治医の指示に従って精神療法を受けるようにしましょう。また、 加入している保険によっては、うつ病による入院期間の保険金請求が出来る場合があります。もし症状が悪化して、医師から入院を勧められた時には、入院費用などが気になってしまうはずです。その際には、加入している保険会社に入院期間分の保険金が請求できるか確認しておくと安心することが出来るでしょう。

Copyright© 2019 うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】 All Rights Reserved.