うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】

サイトメニュー

浮き沈みが激しい病気

医者と看護師

双極性障害

双極性障害とは気分は浮き沈みを繰り返してしまうといった症状の精神病の1種で、明るく活発で快活な人に発症しやすい精神病とされています。その症状は強いタイプの双極性障害の人は日常生活への首相が大きく治療することが不可欠になります。 この双極性障害は強い抑うつ気分を伴ういわゆるうつ状態と、それとはまったく正反対の症状である躁状態目が大きく交互に出現します。この躁状態では気分が高揚してきて、口数が多くなり、その気分は何でもできるような気分になってしまうことがその特徴です。 その際にはあまり睡眠などを理由はなくても活動ができるというのが典型的な特徴でもあります。一般的に、うつ病は真面目で几帳面な繊細な性格の人に多いのですが、この双極性障害という精神病は陽気で活発そして楽観的な人に多く発症することが多いのです。この双極性障害は生活に支障が出るほど強い躁状態が現れる双極型障害というタイプです。 うつ病の状態の期間のながく、軽い躁状態が時々出現する双極Ⅱ型障害といったタイプの2つのタイプの双極性障害をあるのです。この双極性障害は時々鬱状態と躁状態同時に現れ、混在することもあるのです。この状態のときには抑うつ気分と焦燥感が同時に現れるため、自殺する危険性が高いと言われています。 うつ病の状態の期間のながく、軽い躁状態が時々出現する双極Ⅱ型障害といったタイプの2つのタイプの双極性障害をあるのです。この双極性障害は時々鬱状態と躁状態同時に現れ、混在することもあるのです。この状態のときには抑うつ気分と焦燥感が同時に現れるため、自殺する危険性が高いと言われています。 このような双極性障害の基本的な治療方法は気分安定剤という薬を使った薬物療法を基本とします。この薬はうつ状態や躁状態を予防する作用があるため、どちらの症状がもちついていても一定期は服用し続ける必要があります。もし、服薬期間中に、保険に加入する場合は、きちんと薬を服用していること申告しましょう。

Copyright© 2019 うつ病のキホン【保険やうつ病の種類について】 All Rights Reserved.